食材

塩水うに


【塩水うに】
こちらは北海道の噴火湾産の、塩水うにです。

お寿司屋さんのネタケースなどにある、いわゆるゲタ・弁当箱の上に並んだ一般的な〝うに〟は、うにのタンパク質を固める為に極薄めのミョウバンの入った塩水に浸けてます。それが多少の苦みを感じさせることもあるのですが、それらを全く使わずに、塩水のみで浸けてあるのが〝塩水うに〟です。

こちらは、羅臼沖の水深200〜300m、無菌でミネラル豊富な海洋深層水を使用して浸けてあります。

うに本来の甘みが楽しめる事請け合いです。
メニューに並んでたら、是非ご賞味ください!

幻の鯛


こちら、〝幻の鯛〟とも呼ばれる【いちみ鯛(イチミダイ)】です。
漁獲量が少なく、市場では高級魚として取り引きされています。

正式にはメイチダイ。この辺りでは、イチミダイ、ほか銀鯛と呼ぶ地域もある模様です。

旬はこの8月くらいから秋にかけて。
上品な白身に、ほんのり脂が乗った甘みがある身で、とても美味しい白身です。

この日のものは高知県沖のものですが、御前崎などでも水揚げされます。

メニューに並んでたら、是非お試しください!

仙鳳趾産の殻付生牡蠣



北海道は仙鳳趾産の【殻付生牡蠣】です。

ここのところ入荷が続いてます。

真牡蠣は一般的に、英語でRの付く月以外の月は食べない。といわれてます。つまりMay・June・July・Augustの4カ月間(5〜8月)。

しかし北海道の厚岸沿岸部の仙鳳地区で採れる牡蠣は、海水温が年中低いため、年間を通して食べられるということです。

身がしっかりしていて、味は濃厚なミルキー感が味わえます。

リクエスト食材


【鮑のお造り】
こちらはお客様からのご注文の品。

常にあるものでもなく、メニューに載ることもないのですが、こちらもリクエストにより、入荷致しましたモノです。

コリコリとした食感と、磯の風味。
いわゆる高級食材といわれる鮑。

特別な日に、いつもと違う特別なメニューをと考えていらっしゃるお客様。まずはご相談を!
極力リーズナブルにお応えできるようにします。

天然鮎。


【天然 鮎】入荷してます。

鮎はその資源保護のため、どの川でも概ね、前年の11月から翌5月までは禁漁期間。そして禁漁解禁された初夏から夏にかけてが旬とされています。

画像の様に天然物は胸鰭後ろの黄色い斑紋が、養殖ものに比べて、ハッキリしているとされてます。

繁殖が一年しかないことから《年魚》、特に天然物でスイカや胡瓜の香りがすることで《香魚》と呼ばれています。

ちなみに本日の鮎は、長良川の天然物です。長良川産は、相模川、那珂川に次ぐ漁獲量を誇るそうです。

やはり鮎は塩焼きが人気。
ひなたでは、開いて揚げる天ぷらも好評です。

浜名湖産

浜名湖産の

真蛸


そして
アカニシ貝


どちらも浜名湖産のものは、味が濃くて美味しいと思います。

タコはタコブツ、唐揚げ、フルーツトマトとガーリック炒めなどおすすめの献立にしてます。
あとは、柔らか煮にしてコース料理の煮物や前菜にも。

ニシは茹でて、お刺身、酢の物。
同じく前菜にも登場します。

ボソ(ヨシエビ)などと並んで、この時期の浜名湖産の美味しい食材です。

本日の入荷。



本日の舞阪・浜名湖産!

舞阪【鰹(カツオ)】【甘鯛(アマダイ)】
浜名湖【真蛸(マダコ)】【ボソ(ヨシエビ)】
入荷してます。

鰹はお刺身・タタキのせ冷奴。
甘鯛は唐揚げ。
真蛸は、茹でてタコブツ・ガーリック炒め・唐揚げ。
ボソは、アヒージョ・唐揚げ。
等々でご提供しております。

太刀魚


釣りの【太刀魚(タチウオ)】です。今時分から晩秋にかけてが旬とされます。

正に太い刀のよう。切れ味が良さそうな艶が有ります。
釣りモノは、網で獲れたモノと違って、体表に傷がつきにくく、このようにピカピカの状態で身もしっかりとしています。

お刺身はもちろん、焼き、揚げ、煮付け等々、様々な調理法に向いた万能食材です。

ひなたでの人気は、揚げ物。
天ぷらとフライが良く出ます。

舞阪産。


手前が【赤ムツ(アカムツ)】
奥が【甘鯛(アマダイ)】です。

共に舞阪で水揚げされたものです。

6月よりアマ網が始まりました!しばらくは甘鯛が入荷することとなります。
とても身の旨みが強い美味しい魚です。
人気の鱗を付けたまま揚げる〝唐揚げ〟で主にご提供致します。この時期のコース料理の揚げ物の定番となってます。

アカムツはいわゆる、〝のどぐろ〟の愛称で知られる、こちらも人気の魚です。
皮目を炙って焼き霜のお造りでご提供させていただいてます。
売り切れ必至の人気の献立です。

カマス


御前崎産の【カマス】です。

尾の方までしっかりと身が付いてしっかりとした魚体。

半分は皮目を炙って焼き霜にしてお造りに、半分は開いて塩して干します。

塩焼きでも美味しい魚ですが、水分が多い魚なので、干物にして少し水分を飛ばしてあげると、より旨味を感じられて美味です。
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報