食材

春のお野菜


春のお野菜の食材です。

今年は少しだけ遅い入荷の新筍です。他、手前に新じゃがいもとタラの芽です。

春を彩るお野菜が揃い始めました。

ホッキ貝


【北寄貝(ホッキ貝)】
こちらは北海道産。
標準和名は姥貝(ウバガイ)といいます。
長いものは30年近く生きること、貝殻が薄汚れていることなどから、老婆を連想させるということで姥貝だそうです。
しかし姥貝と呼ばれるのは東北以北で、この辺りや市場ではホッキ貝として出回っています。

旬は冬から春にかけて。

さっと茹でると、足(身)の先の部分がキレイな朱色に変わります。生で食べるよりも甘みが増して美味しくなります。

この茹でた状態でお刺身として提供します。ほか、高温でさっと揚げた天ぷらや、殻に乗せて網焼きにしたバター焼きなどにてお出ししております。

北海道苫小牧のホッキ貝カレーも有名ですね。

一年牡蠣


【一年牡蠣】
兵庫県播磨灘産の一年牡蠣です。

殻はそれ程大きくはないですが、身が詰まっていて大きいです。もちろん生食出来ます。焼きガキにしてもなかなかのふっくら感が楽しめます。

真牡蠣は、たぶんこれで最終便。

4月以降は岩牡蠣の季節へと移っていきます。

花山葵


【花山葵】(はなわさび)
この時期に出回る、春の訪れを告げる食材のひとつです。

毎年楽しみにしてくださるお客様も多い食材です。

今年も《花山葵の醤油漬け》としてご提供しております。

爽やかな辛味と苦味、そしてシャキシャキっとした歯ごたえ。

ぜひお試ししてみてください。

カツオ入荷です。


【鰹(カツオ)】入荷です。

3月に入り、タイ網などの春の漁が始まった舞阪港。今年は早くも、カツオ漁も出ています。

他、真鯛・紋甲烏賊・ホタルイカ・蛤・国産あん肝などなど。

細魚


【細魚(サヨリ)】
舞阪産のサヨリです。

旬は秋冬から春にかけてで、産卵前の今時分が美味しい頃合です。北陸の方だと花見魚とも云われます。

形状から針魚とも表記されます。〝さ〟が〝狭〟からきているとも。また多く集まることから〝沢寄り〟から〝サヨリ〟とも云われるそうです。

身質は、上品な白身ですが旨味の強い魚です。お刺身はもちろん、天ぷらや、開いて干物にしても美味しいです。日本料理だと椀種にしたりして良く使われます。

旬の食材、是非御賞味ください。

富山湾内ホタルイカ


【富山湾内ホタルイカ】
今週から富山湾内のホタルイカが入荷してます。

富山湾内のものは、丸々と成熟した時期になってからの漁獲なので、粒が大きいうえ、定置網で生きたまま獲るので身を痛めません。
更には漁場が近く、朝獲れのものを出荷するので鮮度も良いのです。

とにかく湾内モノは、大きくて食べ応えがあり、中のミソの旨みが格別に感じられます。

〝旬のホタルイカ〟これから1カ月半位はメニューに上がってきますので、是非お試しください!

アラ


三河産の【アラ】です。

日本全国のやや深い岩礁域に棲息している白身の高級魚です。

体長は大きいモノで1メートル前後になるものもあり、大きければ大きいほど味は良くなり、値も高くなるといわれている魚です。

姿形はマダカに少し似たような形をしていますが、鱗は細かく皮目がしっかりして硬い皮です。

ひなたで今回入荷しているモノは、30センチほどの小ぶりのモノです。入り値もそれほどお高くなく、リーズナブルな価格でご提供出来るというメリットがあります。
しかし、小ぶりとはいえ品のある旨みを持ち合わせていて、弾力ある歯応えとともになかなかな味わいが楽しめます。

おすすめのメニューに並んでいたら、是非お試ししてみては!

本日の仕入れ

本日の仕入れの紹介です。


【千葉産の金目鯛】

釣りモノなので鱗もキレイな朱色がしっかりしていて、身質も良いです。千葉産(銚子、勝浦など共に)のものは脂のノリも良く、金目鯛特有の身の旨み甘みがより強く感じられます。身はお刺身、アタマを塩焼きか煮付けにてご提供してます。


【三重産の蛤(ハマグリ)】

この時期から旬の二枚貝です。ひな祭りなどのイベントには欠かせない名脇役。
食べ応えのある大きさです。主に、品のあるお出しがでる酒蒸し、芳ばしい風味がでる焼き蛤などでご提供してます。
この時期の人気の献立です。

昆布森産!生うに。

人気のネタ【生うに】です。

一粒一粒、身がしっかりとしています。
木箱で販売しているタイプですので、多少のミョウバンを添加してはいますが、苦みなくとても甘~く、美味しいうにです。


こちらの《うに》は北海道釧路町は昆布森産です。


〝昆布森〟名の如く良質の昆布が海岸線いっぱいに広がっている地域です。
夏場から秋にかけて、入荷している《仙鳳趾の殻付生牡蠣》と同じ海域です。

やはり良質の昆布を摂取して育つ環境による身の旨味、そして海水温が夏でも冷たい海域で育つ身の締まり。深い甘みを備えていて最高級と云われる所以です。

10月半ばの解禁から年末までの2ヶ月余りの漁期。更にこの時期は海が荒れ波が高いと漁に出られません。実質、数日なんて年もあるようです。

そんな貴重で高品質の昆布森産の生うに。メニューに並んでたら是非、お試しください!
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報