季節感

5月



5月がスタートしました。

さわやかな新緑の季節を迎えました。
田植えの季節でもあり、旧暦の〝皐月〟はそういった農作に関連した語源からきてるそうです。

《目に青葉 山ほととぎす 初鰹》という句もあるように、この季節は初鰹が獲れる時期。ひなたでもちょいちょい仕入れてます舞阪の鰹も4月から獲れはじめてます。

そして浜松はやはり《浜松まつり》ですね。
凧揚げに、御殿屋台の引き回しに、初子の練りに、、、
今年はお酒も解禁の、通常開催。2019年以来ということもあって、さぞかし盛り上がりを見せることでしょう。
楽しみにしている方も多いでしょう。

お祭りに関係のない方々は、大型連休。
ゆっくりと過ごされる方、旅行や行楽に楽しまれる方、久しぶりの親族や友人との再会される方、逆にお仕事で忙しいという方(自分たちもここの分類ですが)色々かとと思われます。
 

あとこの時期、日中と朝晩との寒暖差が大きい時期で、意外と体調を崩される方々の多い時期でもあります。皆さんも体調管理に気をつけてやっていきましょう。


食材は、魚介類・野菜共に春の食材から夏の食材へと、移行していく時期です。

日本酒も、夏の生酒や、暑い日にサラッと呑める低アルコール(13度前後)の生原酒などが、各蔵から投入されてきます。

食材とお酒で、季節の移り変わりを楽しみながら、楽しんで頂けたら幸いです。


どうぞ、今月もよろしくお願いいたします。

毎年この時期、仕入れに行っている中央卸売市場近くの飯田公園の景色です。


桜色に染まったソメイヨシノやオオシマザクラの木々が目に飛び込んできます。

「今年もお花見のシーズン到来だなぁ」
なんて思いながら毎年この時期は通り過ぎていきます。



週明けは雨の天気予報なので、今週末が見頃かと思われます。

コロナ禍で、久しぶりのお花見って方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

フリージア


【フリージア】
卒業・入学のこの時期に花を付けることから、この時期のブーケ、花束としても人気の品種です。

アヤメ科ということもあり、葉の形状がよく類似しております。花の形状は水仙に似ています。

花言葉は「親愛の情」「友情」「感謝」  また色によっても多少の違いがあるようです。


心地よい香りが広がり、6から8連に連なって花を付ける様が華やかで美しいです。(画像は、コレから花を付けるフリージアです。)

ラナンキュラス



【ラナンキュラス】
幾重にも重なった花弁と、様々な色合いの種類が豊富な花。 

ひなたの玄関や御手洗いを彩ってます。

3月から5月くらいのまさにこの時期、春に花をつけます。

とても色鮮やかなでキレイな花です。

花言葉は、〝晴れやかな魅力〟〝華やかな魅力〟とされてます。
赤・ピンク・黄色、それぞれ色によっても花言葉が違うようですが、総じて明るく鮮やかな華やかで柔らかなその外観・見た目同様の印象の意味合いを持つものばかりです。

3月


3月に入りました。

朝晩の冷え込みは相変わらずではありますが、日中はだいぶ温かくなってきました。

悲喜交々の合格発表、卒業シーズンへと入っていきます。

ひなたでも歓送迎会需要の多い季節に入っていきます。
コロナ前に比べると、(年末年始の忘新年会同様)やはりそういった会自体が少なくなっているのか⁈ご予約自体も少なくなってはいます。
まだまだ週末も空きがございますので、どうぞよろしくお願いします。

春は、またさまざまな食材が出てまいります。真鯛や貝類も美味しい時期。サヨリ・ホタルイカなども出てきます。

野菜では、山菜類から筍、アスパラガスなんかも人気です。

スイートピー


春先を代表する花のひとつ《スイートピー》です。

今、ひなたの御手洗に添えてあるお花。

イタリアはシチリア原産のつる性の一年草。春のイメージのお花ですが、夏咲き・冬咲きの品種も、あるようです。

薄いヒラヒラとした可憐な花弁から、ほんのりと甘く優しい香りが、心を穏やかにしてくれます。

花言葉は、「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」です。こらからの時期の〝卒業〟や〝新年度〟〝人事異動〟のようなものを連想させますね。



《赤いスイートピー》
個人的には、この花の名前を知ったのは、松田聖子さんのヒット曲であるこの曲が最初だったと思います。

♪春色の汽車に乗〜って、海に連れて行ってよ〜、、、から始まるフレーズ。
3月くらいにリリースされたこのシーズン。
そして当時購入したシングルレコード(当時はEPっていってました)のジャケットの表紙がピンクがかっていた春をイメージする印象。

その当時、それでスイートピーが春の花って勝手に覚えてました。


そういえば、この時期の競馬のレースでも《スイートピーステークス》ってのもあったなぁ、、、(^^;

意外と別の視点から、モノごとの知識を得ることってたくさんありますよね。

サクラ



2月の中旬、まだまだ寒い日が続いているので、あまり気にも留めてなかったのですが、自宅の庭の早咲きの桜。
花を付けて、しかもすでに葉も出始めてました。

明日は二十四節気でいう〝雨水〟
陽気がよくなり、雪が溶けて水に、雪が雨に変わっていく頃。

少しづつ春に近づいています。

椿


椿が花をつけ始めてます。

耐寒性の強い椿、この時期になると可憐な花を咲かせ、冬の庭木として目を楽しませてくれます。

光沢のある厚みのある葉も特徴で、名前の由来も「厚葉木」(アツバキ)からアを取って、ツバキとなったという説もあります。

品種もたくさんあるようで、画像の椿がどの品種かは、分からないですが冬の風物詩として、季節感を感じられる花のひとつですね。

12月



12月に入りました。
2023年も残すところあと1ヶ月となりました。

今年も色々なことがありました。
世界的には
⭐︎ハマス対イスラエルとの軍事衝突。そして終わりの見えないロシアのウクライナ侵攻。
⭐︎トルコ・シリアでの大地震とモロッコでの大地震。

日本では
⭐︎新型コロナが5月の大型連休明けから5類に移行。
⭐︎明るみに出たジャニーズ性加害問題。
⭐︎将棋の藤井聡太さんの八冠達成。

スポーツでは
⭐︎侍ジャパンのWBC制覇。
⭐︎阪神タイガースの38年ぶり日本一。
⭐︎ラグビーW杯南アフリカ連覇。
⭐︎イクイノックスG I を6連勝で引退。

他にも
⭐︎YMOのお二人、鮎川さん、谷村さん、もんたさん、KANさんなどなどの有名ミュージシャンの訃報が続いたこと。

等々、いろいろな事がありました。

個人的にやり残した事。始めようと思ってた事。中途半端になってしまってる事。あと1ヶ月あるので、今年中に出来ることはやっていきたいですね。

毎年12月は(師匠も駆けずり回るほど忙しいから師走、というだけあって)慌しく過ぎていきます。

飲食店(特にお酒をお出しするお店)は年末の繁忙期、忘年会シーズンに入っていきます。

過去3年のコロナ期に比べると忘年会のご予約は、だいぶ復調気配はありますが、コロナ前の水準にはまだまだ戻ってはいません。(ウチだけかなぁ⁈)

こういった状況がもう一般化されているのかと思うと少し不安になってきます。

それでも土曜日をはじめ週末、あとクリスマス以降の年末は少しずつ埋まりつつありますので、ご予定の方々いらしたらお早めにお問い合わせ頂ければと思います。平日なんかは、空きがまだまだございますので、どうぞ宜しくお願いします。

さぁ、残り1ヶ月気合い入れて頑張っていきましょう!

11月



11月に入りました。
日中はまだ最高気温が25℃に迫る温暖さがあります。
ですが夜になると肌寒く、布団を掛けずにうたた寝などしていると、寒さで目が覚めるようになってきました。
天気予報では、中旬を迎える頃には最高気温も20℃を下回ってくるらしく、いよいよ季節は秋本番を迎えることとなります。

この時期(陽暦でいうところの12月くらい)になると霜が降りてくる日が多くなることから、霜降り月 転じて、霜月とも呼ばれる11月です。

スポーツの世界ではプロ野球はレギュラーシーズンが終了。CSとドラフト会議も終えて、先週末から日本シリーズが始まってます。
今年は阪神vsオリックス。関西に本拠地をおく球団同士の対決となりました。なんと59年ぶりだそうです。どちらが勝っても、力を出し切って白熱した良いゲームを期待したいですね。

この時期くらいを境に、駅伝・ラグビー・フィギュアスケート・スキー・ジャンプなどなどウインタースポーツが盛んになってきます。
また暑い時期とは異なり、息の白さが様になり趣のあるスポーツが目白押しとなってきます。楽しみです。



飲食の業態はというと、本来ならこれから年末年始に向けて忘新年会需要の繁忙の時期に突入していきます。
しかしながら、やはりコロナ前に比べると宴会のお問い合わせやご予約は著しく少ないです。
コロナ前でしたらこの時期ですと、すでに12月の土曜日はお席が埋まりつつあるのですが、まだまだ空きがございます。少人数でのご宴会を予定されてる方は、是非ともご検討くださいm(__)m


食材は晩秋を迎えるこの時期、浜名湖産の牡蠣が始まります。今年はまだ海水温の高さゆえ、例年に比べると遅いようですが、下旬には、、とは聞いております。
旨みが詰まった浜名湖産の牡蠣を使った牡蠣フライ。待ち遠しい方もたくさん居られるかと思います。
ほか、寒鰤(ブリ)、寒鰆(サワラ)、寒鮃(ヒラメ)などなど、寒の冠を携えて、冬になって身が締まり、栄養を蓄えて旨みや脂が乗ってくる魚介類も多いです。
他、人気の鱈の白子なども出始めてくる頃です。

日本酒は、ひやおろしや秋あがりがひと段落して、早いところだと新酒のしぼりたても月末くらいには出てきそうです。
いづれにしても寒さに伴い燗酒が恋しくなります。
燗にして旨みが膨らむようなお酒も仕入れていきますので、ご期待ください。


それでは今月もよろしくお願いします!
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報