2024年5月

本日の旬のおすすめ!


5月も今日明日で終了。

明後日からはもう6月に突入します。

献立を書いていて、結構初夏から夏のものが増えてきたなぁ、、、なんて思いました。

真鯵、鱧、とうもろこし、枝豆、水茄子、空芯菜、等々。

画像は本日のおすすめ。今、こんな感じです。(まだ、コピー前の原板。朱色の筆ペンでなぞってないものです。)

北海シマ海老


【北海シマ海老】
主に北海道産。

お店で、塩茹でにしました。

こうしてたまに、生のモノがこの時期に入荷したりするのですが、この海老は塩茹でしたものの方が、甘みと旨みが強く感じられます。

実際、生でなく、現地で浜茹でしてすぐに冷凍したものなどが数多く流通しているのも、そのためであると考えられます。

美味しい海老です。
ぜひ、ご賞味ください。

アイスブレイカー



【玉川アイスブレイカー】
(純米吟醸 無濾過生原酒 京都府京丹後市 木下酒造さん)

今年もやってきました。玉川アイスブレイカーの登場です。涼しげな青を基調とした初夏を彩るペンギンラベルは健在です!
今や夏酒として、日本酒業界では確固たる地位を築いていて、この時期を代表する日本酒として年々注目を浴びております。
 
〝アイスブレイカー〟には《座を和ませる》という意味があります。
 無濾過生原酒のフレッシュで瑞々しく、かつ濃醇な原酒の甘味すら感じさせるコク旨みで、酔いしれてください。

頂きもの

先日の常連さんたちからの頂ものです。

ありがたいことに重なる時は重なり、同じ日に。スタッフも子供たちも喜んでます。

まずは、Nさんより
岩手の漬物

中身はこんな感じ。

白瓜の芯に、粗みじんにした人参・ごぼうなどの漬物が昆布で巻かれて入ってます。
とても品のある漬け物で、白いごはんが進みます。



同じく福砂屋のカステラ。

こちらは安定の美味さ。小分けのパックで食べやすくなってます。分け易いし、食べる分だけ開ければ良いという配慮の行き届いたパッケージです。



続いて、Iさんより山口土産。

御堀堂の外郎。山口銘菓です!

これまた、とても上品かつ優しい甘みが口の中に拡がっていき、和菓子の美味さが心地よく、幾らでも入りそうです。笑



最後にYさんより東京土産。

フランセのミルフィーユサンド。

色々なフルーツ味が楽しめます。


皆さんいつもありがとうございます。
皆で美味しくいただきます。
ご馳走様でした!

旬の魚

GWも明けて、日中の太陽の陽射しの高さが、かなり上がってきました。それに伴い気温も上昇。汗ばむ陽気に夏の気配が感じられるようになってきました。
いつしか日も長くなり、気がつけば夜は7時近くまで空も明るさが残ってます。

魚介類も、少し前までの真鯛、サヨリ、紋甲烏賊、ホタルイカなどなどにとって変わり、主役が変わっていきます。




【伊佐木(イサキ)】



【真鯵(マアジ)】



【鱧(ハモ)】

どれも、この時期の主役たちです。
それぞれの味のある持ち味を、堪能してみてください。

【貸切営業】のお知らせ。

5月12日(日)。
本日の営業ですが、団体様のご予約をいただき、お席に空きが無いため【貸切営業】とさせていただきます。

ご了承下さい。
またのご来店お待ちしております。

試合観戦

先日の月曜日はGWの最終日。下の子の試合があったので、久しぶりに観戦に出掛けました。

やはり大会や試合というと土日の開催が多いため、普段は行けないのですが、たまにこうやって祝日の月曜日に行われることもあります。そういった時にはなるべく応援に行くようにはしています。

今回の会場は《焼津シーガルドーム》
JRの西焼津駅から徒歩10分ほどのところにある総合体育館です。


今回は特別強化指定選手のシード枠戦。県内の東・中・西の地区の各上位20名ほどが集結し、9つのリーグに7名づつ振り分けられ総当たり、その後に各リーグの同順位同士での対戦にて順位をつけるといった大会です。中体連の大会のシードが決まる重要な戦いとなります。なんと朝から夕方まで、各自全10試合を行うことになります。

会場はこんな感じ。熱戦が繰り広げられてます。



中学生とはいえど、県内の強豪校に県外から卓球留学している子たちも居ます。そういった親御さんもこういった大事な試合の時には県外から応援に駆けつけてます。
さすがに応援にも力が入り熱量が違います。

今回は上位10名のうち、県外からや寮に入ってる子がなんと8人を占めました。まぁ、強い選手だからこそ県外からくるので結果としては当然なんでしょうが。
しかし、そういった子たちと対等に張り合っていかなければいけないので、大変ですが頑張ってもらいたいものです。

訃報





ネットニュースを覗いていると、一件の訃報が目に入ってきました。

勝沢要さん死去。

昭和50年代に清水東を全国制覇に導き、ひとつの時代を築き上げた高校サッカー界の名将のひとりです。

当時の高校サッカーにおける静岡勢の強さは圧巻でした。全国大会に出ればどのチームもベスト4以上。全国で勝った際の勝沢監督の「全国で勝つより、静岡県内で勝つほうが難しい」といったニュアンスのことをおっしゃってたのがとても印象的でしたし、そんな静岡の土地に住んでる自分たちが誇らしくもありました。

後にプロでも活躍する長谷川・大榎・堀池の〝三羽がらす〟を育てたのをはじめ、数々の名選手を輩出した手腕には、目を見張るものがありました。厳しくも優しさがこもった指導と統率力。自分が当時、高校サッカーに興味を持つ一番のきっかけとなった指導者でした。

お悔やみ申し上げます。

カツオ入荷!



5月5日、いわゆる五月晴れが広がってます。全国的には、日中は夏日になるところもある模様。そろそろ熱中症対策が必要となってきますね。

さて、本日も舞阪《もちカツオ》入荷しております。初夏の味覚、お楽しみくださいませ!

5月



5月がスタートしました。

さわやかな新緑の季節を迎えました。
田植えの季節でもあり、旧暦の〝皐月〟はそういった農作に関連した語源からきてるそうです。

《目に青葉 山ほととぎす 初鰹》という句もあるように、この季節は初鰹が獲れる時期。ひなたでもちょいちょい仕入れてます舞阪の鰹も4月から獲れはじめてます。

そして浜松はやはり《浜松まつり》ですね。
凧揚げに、御殿屋台の引き回しに、初子の練りに、、、
今年はお酒も解禁の、通常開催。2019年以来ということもあって、さぞかし盛り上がりを見せることでしょう。
楽しみにしている方も多いでしょう。

お祭りに関係のない方々は、大型連休。
ゆっくりと過ごされる方、旅行や行楽に楽しまれる方、久しぶりの親族や友人との再会される方、逆にお仕事で忙しいという方(自分たちもここの分類ですが)色々かとと思われます。
 

あとこの時期、日中と朝晩との寒暖差が大きい時期で、意外と体調を崩される方々の多い時期でもあります。皆さんも体調管理に気をつけてやっていきましょう。


食材は、魚介類・野菜共に春の食材から夏の食材へと、移行していく時期です。

日本酒も、夏の生酒や、暑い日にサラッと呑める低アルコール(13度前後)の生原酒などが、各蔵から投入されてきます。

食材とお酒で、季節の移り変わりを楽しみながら、楽しんで頂けたら幸いです。


どうぞ、今月もよろしくお願いいたします。
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報