2024年3月

フリージア


【フリージア】
卒業・入学のこの時期に花を付けることから、この時期のブーケ、花束としても人気の品種です。

アヤメ科ということもあり、葉の形状がよく類似しております。花の形状は水仙に似ています。

花言葉は「親愛の情」「友情」「感謝」  また色によっても多少の違いがあるようです。


心地よい香りが広がり、6から8連に連なって花を付ける様が華やかで美しいです。(画像は、コレから花を付けるフリージアです。)

ホタルイカ醤油漬け



生のホタルイカ。

富山湾の大ぶりかつ、鮮度の良いものです。

オリジナルの昆布醤油と、富山の中六という醤油をブレンドして漬け込んでます。
【ホタルイカの醤油漬け】
是非ご賞味ください。

はんごろし⁉︎



先日常連のSさんから頂いたお土産です。

毎年のようにこの時期頂いている、、

その名も〝はんごろしキムチ〟という名前のついた野沢菜のキムチ漬けです。

まぁ、コレがとにかく辛くて美味いっ!

あと引く旨さで、ついついご飯やお酒が進んでしまう代物です。

Sさん、毎年ありがとうございます!

ラナンキュラス



【ラナンキュラス】
幾重にも重なった花弁と、様々な色合いの種類が豊富な花。 

ひなたの玄関や御手洗いを彩ってます。

3月から5月くらいのまさにこの時期、春に花をつけます。

とても色鮮やかなでキレイな花です。

花言葉は、〝晴れやかな魅力〟〝華やかな魅力〟とされてます。
赤・ピンク・黄色、それぞれ色によっても花言葉が違うようですが、総じて明るく鮮やかな華やかで柔らかなその外観・見た目同様の印象の意味合いを持つものばかりです。

にゅうめん


【にゅうめん】
先日の賄いです。

まだまだ肌寒い日がある3月。
そんな日には、温かい汁物で身体を温めたくなります。 

〝煮麺〟が訛って〝にゅうめん〟と呼ばれるとされている素麺の温かい汁ありバージョンです。

汁は汁で作り、別鍋でお湯を沸かし麺を茹でます。
素麺は1、2分で茹で上がるので、あたり(味付け)のつけた汁に直接入れちゃっても⁉︎と思うのですが、結構塩っけが汁に移るので別々にした方が良いのです。

今回の具は、豚バラ肉と九条葱に、卵を落として綴じてます。
ちなみに、ひなたママのおすすめは梅干しをにゅうめんに落として、梅干しの風味と鹹味と酸味を加える事です。確かにあっさりにゅうめんにアクセントを与えてくれます。


さらりと食べられるにゅうめん。人気の賄いです。



でもあと2ヶ月もしたら、冷たい素麺がとって変わって定番ローテーションになってきますね。笑

小豆羽太



【小豆羽太(アズキハタ)】
小豆状の紅い斑紋が体表を覆ってることからこの名前が付いてます。

羽太の名前が付くだけに、白身の上品な魚の一つ。

ほんのりと甘みのある旨み。嫌味のない品ある白身の味わいが感じられます。

頭を塩焼きや煮付けにしても美味です。

サヨリ



【サヨリ】
その形状から、漢字では〝細魚〟とか〝針魚〟と表示されます。

画像からも見て取れるように、細長くスマートで、見た目もすっきりとした魚体に一筋のライン(皮を引くとより鮮明に)。

冬場から出回り、産卵前のこの春までが旬とされています。

刺身はもちろん、酢の物、焼き、干物、揚げ物、椀もの、などなどと、小さいながらもなかな汎用性の広い重宝する魚の一つ。

上品な旨みを持ったサヨリ。
是非ご賞味ください。

春の食材



3月も中旬に入りました。年度替わりに差し掛かり、お子さん達の卒業、入学、新学年の準備。お仕事では確定申告や決算月等々で、色々と慌しい時期でもあります。

気候も三寒四温で、徐々に春らしくなってきています。本日はあいにくの雨ですが、一雨ごとに温かくなっていくことでしょう。

さて本日は春の食材の入荷のお知らせです。

先週辺りから、安定して入荷しつつあります富山湾内の茹でホタルイカです。兵庫県産福井県産の小ぶりなものは2月中頃から出始めてましたが、富山湾内の大ぶりなモノは先週辺りからです。
やはり味噌のコクと風味を味わえる富山湾内のモノは格別です。富山の醤油とおろし生姜で・串焼き・天ぷら・玉子綴じなどでお楽しみください。

もうひとつは、新筍(タケノコ)です。
こちらも春を代表するお野菜の一つです。
新物はやはり香りが違います。
こちらは付け焼き・天ぷらなどでご提供させていただいてます。

他本日は、魚介は天然真鯛、細魚(サヨリ)、国産あん肝。
お野菜では新じゃがいも、そら豆などなども始まってます!

回鍋肉



【回鍋肉(ホイコーロー)】
春キャベツで作るホイコーロー。

四川料理の一つ。
本場では豚肉の塊を蒸す又は茹でたものの薄切り、そして葉ニンニクを使用し、味付けも豆板醤や唐辛子を多用した辛味のあるものだそうです。

日本で、発達したホイコーローは、豚肉の薄切り肉、葉ニンニクの代わりにキャベツ、そして味付けも甜麺醤を多めにした少し甘みの強い辛さになります。

ポモドーロ



《ポモドーロ》
先日の賄いです。

セロリの出回る冬場の時期。
そのセロリ・玉ねぎ・人参のみじん切りを、ニンニク・オリーブ油・ローリエと共に炒めてソフリットを作っておきます。
色々なソースなどのベースとなり便利です。

こちらをベースに、ホールトマト缶とバジルなどでトマトソースを作り、こちらもある程度多めに作ったものを、小分けにして冷凍保存しておきます。

こうして、いざ賄いや、トマトソースを使ったメニューを作製する時に、すぐに使えて非常に役立ちます。

今回は、糖度の高いこの時期のフレッシュトマトを使って《ポモドーロ》。シンプルにフレッシュトマトとトマトソースのみです。
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報