2024年1月

出汁巻き玉子



《出汁巻き玉子》
結構リクエストの多いメニューのひとつに出汁巻き玉子が有ります。

皆さん玉子料理はお好みですよね。

このメニューも手が空いていたら、、
お時間を少しみて貰えたら、、
お作り出来ますので、まずは遠慮なくお申し付けくださいね。

*尚、無理な時は、今日は難しいとお断りする事もございます。m(__)m大将、調理は基本ワンオペなんでその点はご了承ください。



この寒い時期。
定休日のお休みの日、自宅の夕食の献立には良く〝鍋〟があがります。

しゃぶしゃぶや水炊き、塩レモン鍋、キムチ鍋、寄せ鍋、辛味噌鍋、などなどと飽きないように味と具材に変化をつけながら家族で食卓を囲んでます。

鍋はお野菜をふんだんに摂取出来るから良いですよね。



で、今回はキムチ鍋です。
やはりメイン食材のタンパク源は豚バラ肉がよく合います。
他、白菜・長葱・きのこ類・ニラなどなど。
後は(もちろん普通の豆腐でも良いのですが、)〝厚揚げ〟や京焼のようなしっかりした生地の〝油揚げ〟なんかが表面から鍋の出汁を良〜く吸ってくれて、程よく味が染みわたって美味しく仕上がりますので、是非試してみてください。

燗酒いかがですか?




二十四節気の大寒の時期を迎えております。
一年で一番寒い時期ではありますが、明日明後日は今シーズン一番の寒波襲来だそうです。最高気温も5度くらいしか上がらないという事で、防寒対策が必要ですね。

そんな寒い日は、燗酒が飲みたくなりますね。身体が温まります。

ひなたでは本日より、静岡平喜酒造さんのこの時期の限定酒《喜平 雄町燗 純米酒》をご来店のお客様(アルコールをお飲みになられる方)にサービスいたします。

燗にして旨みが広がるように酒質設計された純米酒です。
燗酒の醍醐味を味わえるかと思います。

内容はというと、お先に冷やで40ml、後から燗につけて80mlをご提供いたします。燗にした際の味の膨らみを感じてみてください。

このメルマガ及びSNSをご覧のお客様のみのサービスになります。その旨をスタッフまでお伝えください。
なお、在庫は二升近くございますが、無くなり次第終了とさせていただきます。ご了承ください。

他にも燗酒にして旨い銘柄、取り揃えておりますので、ぜひ色々とお試しください。

それではご来店お待ちしてます。

ハンバーグ



《ハンバーグ》の差し入れ!

佐鳴台のホワイトストリート沿いにある老舗ハンバーグ屋さん【パピオット】さんのハンバーグをお持ち帰りしてもらいました。

【さわやか】の源流とされてるハンバーグ屋さん。デミグラスソースとガーリックの効いたステーキソースと選べます。
コッペパンに挟んだハンバーグサンドも人気です。

場所は佐鳴台2丁目、ホワイトストリートを北上して右手にレトロチックなエンジ色の屋根にパピオットの文字の建物が見えてきます。

定休日は月、金。
営業時間
ランチ11:00から14:00
ディナー17:00から20:00
です。

Mさん、いつもご馳走様です!

焼きそば


賄いの焼きそばです。

ひなたママのお手製焼きそばです。

なんでもひなたママの実家の近くに、以前あった駄菓子屋さんの焼きそばを再現したということです。

昔は近所には、鉄板が置いてある駄菓子屋産が存在したものです。
駄菓子と共に、台のゲーム(当時はインベーダーやブロック崩し、パックマンなどなど)が置いてあり、その脇で鉄板が置いてありました。
そこで焼きそばや目玉焼きが(子供たちの小遣いで食べられるような安価な価格で)提供されるといった、、、。
今ではすっかりと、そういったノスタルジックな懐かしさ感じさせる駄菓子屋さん自体、影を潜める形で衰退していってしまいました。寂しい限りですが、これも時代の流れなのでしょうね。

この焼きそば、シンプルに具は豚肉とキャベツと天かすのみ。味付けはトリイのウスターソースで薄味に仕上げてます。

シンプルですが、どこか懐かしさを感じさせるじんわりと美味しい味わいです。

本バイ貝



《本バイ貝の旨煮》
ひなたでは、よくお通しやコースの前菜などで登場するメニューの仕込みです。

呼び名は、その地方其々の呼称があるようです。一般的には〝バイ貝〟。豊洲では、山陰など日本海側で獲れたものを〝黒バイ〟と呼び扱うようです。以前行った静岡市の居酒屋さんでは〝ウミツボ〟と呼んでいました。浜松の市場では〝本バイ貝〟として流通しているので、ひなたでは、その名で呼んでます。

作り方は、まずはザルにあけて揉み洗いして若干の滑りと汚れを取ります。
一度真水で火にかけて茹でこぼしをします。
その後、鰹出汁と酒、味醂、刻み生姜で火にかけ、沸騰直前で弱火にしてからじっくり炊きます。しばらくして濃口醤油と薄口醤油を加え更に弱火でコトコトと2時間ほど煮含めます。

煮過ぎると身が痩せるとか、固くなるとか言われたりもしますが、弱火でじっくりと炊くと2時間ほど炊けば寧ろ柔らかくなりますし、身も痩せることはないので、ひなたではこのやり方でやってます。

浜松の市場では、三重県産や御前崎産のものが入ります。今回は御前崎産のもの。よく出来合いの製品のものは東南アジアのものが多いようですが、身が痩せていて味も淡白なものが多いようです。
国産の手作りのものは、やはり一味違います。それほど強くない貝特有の磯の風味、そして身の甘み、食べ応えのある身の厚み、クセのない肝の部分。

お通しでお召し上がりの後、単品でご注文いただくこともございます。
在庫のある時は対応致しますのでお遠慮なく申し付けください。

北寄貝

《北寄貝(ホッキ貝)》
です。標準和名は姥貝(ウバガイ)といいますが、市場での取引や飲食店、一般にはホッキ貝の名称で知られた貝です。

このようにずんぐりと黒ずんだ二枚貝。大きさは女性の握り拳程度の貝です。

北寄の名前から北は北海道での漁獲量が圧倒的に多いです。苫小牧のホッキ貝カレーなんてはご当地グルメとしても有名ですよね。

お寿司屋さんの人気ネタとしても良く知られています。

こちらはサッと湯引きしたモノ。
生だと紫色のした足の先端部分が、ピンクがかった色に変色します。

1年中味が落ちないとされてはいますが、初夏から夏にかけての産卵前のこの冬場が、栄養を蓄え寒さで身が締まり身に厚みが増すとされてはいます。

他の貝類と比べてクセは少なく、アミノ酸の旨みが強く、ミネラル類やタウリンも豊富に含まれる栄養価の高い貝です。

ひなたでは主にお刺身、天ぷら、殻にのせてバター醤油焼きなどにしてご提供しております。

是非、御賞味下さい。

パスタ


【エシャレットとベーコンのパスタ】

先日の賄いパスタです。
先月紹介した《楽農の集いまっすぐ》さんの新鮮エシャレットを使ったパスタです。

鮮度の良さから緑色の葉の部分まで使って刻んだものと、短冊状にカットしたベーコン。それらを具にしてニンニク🧄と赤唐辛子🌶️で、塩オイル系の味付けで仕上げてます。

ベーコンのコク旨みと、エシャレットの甘みにシャキシャキっとした食感。そちらがニンニクの風味と唐辛子のピリッとした辛味のあいまったオイルに絡んだ麺と三位一体となり、美味しさが口の中に広がります。

大間の本鮪



本日のお知らせは、、、
ご縁ありまして、知り合いから《大間産 生の本鮪》を譲っていただき、手に入れることができました。

大変、貴重な代物。

格安で皆様にご提供出来たらと思いUPしました。

今週いっぱいはあると思います。

ご興味ありましたら是非!

明けましておめでとうございます。



新年、明けましておめでとうございます!

2024年がスタートしました。

旧年中は、ひとかたならぬご愛顧に賜り、誠にありがとうございました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、ひなたは本日2日(火)より営業を開始いたします。尚、4日(木)まで23:00の閉店とさせていただきます。ご了承ください。

それにしても昨日の能登半島を中心とする地震には驚かされました。被害に遭われた方々、及び関係者の方々は散々な新年の幕開けとなってしまいました。お見舞い申し上げます。
 
最後に、2024年、今年1年の皆様方のご健康と御多幸をお祈りして、年始の挨拶とさせていただきます。
〒431-0103
浜松市西区雄踏一丁目12-21 1-B
電話番号 053-592-0400
営業時間
火~土 17:00~24:00 
日・祝  17:00~23:00
定休日 月曜日
新着情報(ブログ)こだわりの日本酒旬のおすすめ料理ホーム
定番のお料理御飲物店舗情報