この時期、山椒の実が出回ります。

5月下旬位から6月下旬位迄の約1ヶ月半くらいの間でしょうか。

下の画像が摘み取ったばかりの山椒の実です。鮮やかな薄緑色をしてます。

小さな小枝が付いています。下処理でこの小枝を丁寧に取っていきます。

このまま一粒口にすると、強烈なハーブの様な刺激と辛みと痺れが口いっぱいに広がります。
『山椒は小粒でもピリリと辛い』小さな身体でも、優れた才能や能力があると侮れないという例えとして、使われますが、正にそれ。

掃除した後、下茹でして、さらに水に晒してあくを抜きます。余り茹で過ぎたり、水に晒し過ぎると、辛みと風味まで抜けてしまうので、加減が必要です。

今回は宴会コースの、お食事もので使う、『ちりめん山椒』を作りました。


炊きたての白いご飯の上にのせて、召し上がって頂きます。

旬の美味しさが、口いっぱいに広がります。
?Gg[???ubN}[N??